沿革

沿 革 大正2年4月1日、現取締役会長半田英夫の祖父、半田磯八が金沢市
仙石町(現金沢市香林坊1丁目)において医科器械販売業を開業し、
石川、富山、福井各県下の官公立病院及び民間病院に納入を始める
昭和23年6月23日、資本金110万円で株式会社半田医科器械製作所を
創立、半田英夫が取締役社長に就任
昭和42年 2月17日、資本金を200万円に増資
昭和44年 6月25日、資本金を300万円に増資
昭和45年 9月 1日、社名を株式会社ハンダに変更
昭和49年 1月23日、社名を株式会社半田に変更
昭和54年 3月30日、資本金を500万円に増資
昭和55年 5月27日、資本金を1000万円に増資
昭和56年10月31日、資本金を1500万円に増資
昭和61年12月10日、資本金を2000万円に増資
昭和63年10月31日、資本金を2500万円に増資
平成 2年11月 2日、資本金を3000万円に増資
平成 4年 9月 1日、社屋を香林坊より現在の駅西本町2丁目に移転
平成 6年 5月11日、七尾営業所開設登記
平成 6年11月 4日、半田隆彦が代表取締役社長に、半田英夫が取締役
会長に就任
平成 8年 4月23日、富山営業所開設登記
平成13年 5月31日、本社および全営業所においてISO9001取得
平成15年 8月 5日、福井営業所開設登記
平成21年 3月31日、本社増床
平成23年 4月1日、富山営業所を現在地富山市野口へ移転
平成27年 3月31日、エア・ウォーター株式会社による資本参加
平成29年 7月 1日、中井真喜雄が代表取締役社長に、半田隆彦が取締役
相談役に就任
平成30年 1月 1日、滅菌事業を株式会社トミカより吸収分割
平成30年 3月26日、富山営業所が滅菌センター(富山市千原崎)内へ移転