商品案内




特に循環器(心臓)に関連する商品を数多く提供させて頂いております。循環器分野では、血管内治療用バルーンカテーテルやステント、不整脈の診断・治療用カテーテルやペースメーカ、心臓外科領域の人工弁・人工血管・人工心肺回路など人命に深く関わる製品を、専門性を持ってご紹介いたしております。また、その他のCTやレントゲン装置などの病院設備機器、ガーゼや注射器などの一般診療材料も、「より良いものを、より安く」を目標に数多く取り扱っております。


経皮的血管内治療 不整脈治療 心臓血管外科治療
心臓の冠動脈をはじめとする血管内の治療をサポートします。 心臓の鼓動を整えるための治療と機器です。 人工弁、人工血管、人工心肺などの機器が治療をサポートします。


血管内手術用カテーテル(経皮的血管内治療)

心筋梗塞や狭心症の治療に使用される器具です。「経皮的冠動脈形成術(PCI)」は、カテーテルと呼ばれている細い管状の治療器具(約2mm)を、太股の付け根や手首、肘などから血管を通じて、異常のある心臓の動脈まで到達させ、治療を行う方法です。
 カテーテルの中にはさらに細い針金(ガイドワイヤー)を通して、この針金にそって冠動脈の異常部分を通過させます。血管内でバルーンを拡張させることで、細くなった血管を広げることができます。管の挿入部分には、小さな穴をあける程度の傷だけですむので、患者さんへの負担も少なくすみます。



不整脈手術用カテーテル、ICD、ペースメーカー(不整脈治療)

不整脈には脈が遅くなるタイプと、早くなるタイプがあります。十分な薬物治療が行われた後、遅くなるタイプにはペースメーカーが心臓の電気の流れを助けます。また脈が速くなる不整脈の非薬物治療は、大きく2つに分かれます。1つが心臓に入れた管で異常な心筋を電気焼灼するカテーテルアブレーションです。また、致死的な不整脈に対しては体内に埋込んで、万が一のときに自動で電気ショックを行うICD(埋込み型除細動器)があります。



心臓外科関連製品(心臓血管外科治療)

心臓外科手術(冠動脈バイパス手術など)の際には、多くの医療機器が必要となります。 たとえば、心臓弁の狭窄症や閉鎖不全症の治療には、人工弁が用いられます。また胸部や腹部の大動脈瘤には人工血管を置き換え治療します。また、心臓を一時的に止めておこなう外科手術の際には、人工心肺回路を使用して血液の循環やガス交換をおこないます。